icon

3ステップの対応で面接率を大きく向上!

「事前準備」「問合せ対応・面接予約」「面接準備」を丁寧に。

3ステップの対応

売り手市場、つまり求職者が複数の企業・店舗を選択できる現在の採用マーケットにおいて、面接に至るまでのステップも見直さなければならないケースがあります。たとえば、「応募は集まるけど面接に来ない」というパターン。上記3ステップのどれかに不備があると、応募者は別の応募先を優先してしまいます。たとえば「事前準備」なら、応募や問合せが来たときを想定して、専任の担当者以外の人でもスムーズに対応できるようにすべきです。事情がわからない方が電話に出て保留にすると、応募者にとっては待ち時間がストレスになりますし、要領を得ない受け答えになってしまったり。場合によっては待たされた挙句「折り返し連絡する」という、時間のロスになってしまいます。3ステップの1つずつをキチンと準備しておくことが、面接率を向上させるベースとなるのです。

icon

「応募受付シート」を使えば誰でもスムーズに対応できます!

せっかく応募が来ても、たまたま担当者が席を外している…。そんなときのためにも「応募受付シート」や「面接予約シート」を活用しましょう。社内の誰が対応するにしても、そのシートを埋める形で対応すれば面接設定まで可能なシートがあれば機会ロスが防げます。それには、担当者だけでなく、フロアの全員に募集をしている事実を共有することが大切です。

<企業が応募者を見るのと同様に、応募者も企業の対応を見ている>

電話ならその場で、ネットでも同日対応が必須!

電話ならその場で、ネットでも即日対応が必須

応募には、何といっても「スピード対応」が第一です。応募者のほとんどは複数の企業や店舗に応募していますし、採用された応募者の多くが、「一番最初に連絡をくれた」という理由で面接に行き、入社しています。そして、このスピード対応に加えて大切なのが、丁寧な対応です。求人広告に表記した内容と異なる話は誤解を招きますし、忙しい時間帯だったからと、無愛想な受け答えをしてしまうと御社への印象が非常に悪くなってしまいます。業態にもよりますが、応募者も御社の顧客になりうると考えた上での対応が求められます。そうして設定した面接日の前日か当日にはリマインドコールも行いましょう。「明日(もしくは今日何時から)は面接の予定ですが、ご都合は大丈夫ですか?」という確認の連絡です。さらに「天気が崩れそうですから足元にはお気をつけていらしてくださいね」など、気づかいの一言があるかないかでも、応募者の印象は大きく変わります。このあたりもお客様に接するのと同じですね。

まとめ

まとめ

応募者側も情報収集をする時代だからこそ、おもてなしの心が大切

ネットで調べれば、多くの情報が手に入る時代です。応募者は、応募した企業のHPやSNSをチェックして、求人広告の内容と見比べるぐらいのことは当然のようにしています。過去にちょっとした行き違いで応募者に与えてしまった誤解が、どこかのブログや口コミサイトに残っていたら、応募者はそれを御社を判断する材料の1つにするでしょう。日々の応募者対応が、未来の応募数・面接率に影響すると考えることが必須と言える時代です。応募の段階では、まだ顔も見えない相手ですが、目の前にいるお客様と接するときと同様の「おもてなしの心」が、応募者対応にも必要だと考えることが面接率を向上に欠かせません。

Eight itemsアルバイト採用を成功させるための8つの項目

採用コストや面接率、定着率、法律や採用戦略など、
知らなきゃ損する8つの法則を完全網羅!