icon

アルバイトが続く理由

入社前後のコミュニケーションが、定着には不可欠な要素!

アルバイトの定着

「勤務地が自宅から近い(41.2%)」「時間の融通がきく(32.7%)」など、アルバイトが仕事を続ける理由は「自分のライフスタイルに無理なく“ハマる”」ことが理由となっています。ですが、人間関係でストレスを感じるとすぐに辞めてしまうという傾向も。そんなアルバイト達に長く活躍してもらうには、緊密なコミュニケーションが欠かせません。まずは入社前。面接時に合格が予想される場合に、職場の見学や同僚の紹介をすることが有効です。働く環境を目の当たりにすることで、求職者は事前に職場を理解できます。さらに、初出勤の前にメールを1通送りましょう。「スタッフみんなが楽しみに待っている」「こんな風に一緒に働こう」ポジティブなメールは、「出勤日なのに来ない…」という可能性を大きく減らすことにつながります。

icon

では「アルバイトが辞める理由」とは?

辞める理由のTOPは「職場の雰囲気」です。「店長や社員の人達の雰囲気が悪い」が1位で「長い期間働ける仕事ではない」が2位。この2つで24.3%もの「辞める理由」になっています。つまりアルバイトは、職場環境や人間関係で簡単に辞めてしまうのです。そんなアルバイトが長く活躍できる環境づくりが、安定したマンパワーの確保のカギを握っています。

定着率向上は入社後にこの2つをやる!

ちょっとした気くばりとこまめな会話で定着率UP!

定着率アップ

結婚式などで見かける「ウェルカムボード」はご存じだと思います。あれを採用するアルバイト用に作成して、お店やオフィスの入り口に置いておきましょう。勤務初日は誰でも不安や緊張を感じるものです。それを軽いサプライズと共に「歓迎されている」と伝えることで不安や緊張が払しょくされ、職場に対してポジティブなイメージを抱きます。ウェルカムボードとはいえ、凝ったものでなくても構いません。たとえば普通のコピー用紙にスタッフの集合写真と手書きで一言ずつコメントが寄せ書きになっているくらいでもOKです。実際に仕事を始めたら、会話の量をなるべく増やすことが大切です。会話は「ほとんどコストがかからないツール」です。特別な内容ではなくても、一言二言でもいいので「質より量」を意識して積極的に会話すれば、周囲にも早く浸透でき、アルバイト本人も居心地良く働けるようになります。こうした取り組みは、そのアルバイトだけでなく周囲にも好影響を与え、より一層職場の人間関係が良くなる効果も期待できます。

まとめ

まとめ

新しいアルバイトを受け入れる職場全体で「歓迎ムード」を演出

採用担当や店長など、一部の取り組みだけではアルバイトの定着率向上は非常に難しいと言えます。一緒に働くスタッフ全員で 歓迎することが重要です。それには、募集時の電話応対の段階から個々のスタッフに状況を共有し、均一な対応ができる体制を 整えておくことも大切なポイント。期待と不安が入り混じっている新しいアルバイトを、歓迎ムードでお迎えしましょう!

Eight itemsアルバイト採用を成功させるための8つの項目

採用コストや面接率、定着率、法律や採用戦略など、
知らなきゃ損する8つの法則を完全網羅!